takemichi-page-top-02

マグナロックは従来の機械式電気錠と違い、
電磁石の吸着を利用した、
まったく新しい概念の電気錠です。
 dairiten-takemichi-magnalock

magnelock

    オフィスのドア、門扉、非常口など様々な扉に取り付け可能です。

magnalock-ph02

magnalock-ph01
M32シリーズ
低コスト・小型タイプ
吸着力: 約272kg
本体寸法:204 X 45 X 39mm

M62シリーズ
高セキュリティー・屋外使用タイプ
吸着力: 約544kg
本体寸法:204 X 74 X 45mm

M82シリーズ
マグナロック最大の吸着力
吸着力: 約815kg
本体寸法:305 X 74 X 45mm

SAMシリーズ
スライド吸着タイプ

なぜ「マグナロック®」が選ばれているのでしょうか?
■ 耐久性抜群
マグナロックは機械的な部品を含まないので、磨耗などの経年変化による性能の劣化が少ない構造です。
世界各国の様々な施設(空港、研究施設、学校、幼稚園、病院、ホテル、商業施設、銀行、オフィスなど)で採用されています。
■ 防塵・防滴型の電気錠
防水性能のレベルはNEMA4X規格(IP66相当)をクリアー。雨風にさらされる屋外環境での使用が可能な電気錠です。また、使用温度範囲も-40°C ~ 60°Cと、悪条件の屋外環境下での使用ができます。(※)
※対応品:M32型、M62型、M82型(P.656~ 657)、DM62-M(P.658)、SAM型、SAM2型(P.660)、M34R型(P.661)、MCL-24(P.665)
■ 火災・震災時の安全性
マグナロックの本体は残留磁力を残さない工夫をしており、わずか0.05秒という扉の即時リリースが可能です。
震災時に瞬時に扉の開錠が求められる非常口にも適した電気錠です。また、通電時施錠型となっているため、震災で停電時には開錠状態になり避難の妨げになりません。
防火規格の安全基準であるUL規格をはじめとした米国の各種認可を取得しています。
■ 高性能
小型の本体で高い吸着力(M32型/2666N、M62型/5341N、M82型/7938N)を発揮します。また、DC12VとDC24Vの電圧が自動切換の複電圧型になっています(M32型/M62型/M82型/M34R型)。
■ 省電力
消費電力はわずか3.6W(M32型)、3W(M62型)と経済的です。
■ 防犯性
構成部品はすべて扉の内側に取り付けるため、機械式のロック機構のように扉外側のすき間からデッドボルトをこじ開けてロック機構を壊される心配がありません。
■ 取り付け簡単
面付タイプで、後付工事も簡単です。 また、機械式電気錠では建て付けのズレが起きやすく対応しにくい引戸にも効果的です。また、従来電気錠の取り付けができなかった框扉にも装着できます。
■ 放磁の影響について
電磁石の応用のマグナロック本体からの放磁の影響については、約150mm離れると地磁気(約0.05ミリテスラ)以下です。1mT(ミリテスラ)=10ガウス

商品のさらに詳細な情報はこちら >> メーカーサイトへ

takemichi-toiawae2

Copyright(c) 2013 TAKEMICHI All Rights Reserved.
Top